スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

4分間のピアニスト

4分間のピアニスト

監督:クリス・クラウス
2006年 ドイツ

またピアニストかよ。海の上とか戦場とか、至るところピアニストだらけだナ。どうせまたあれだろ、お高くとまって文芸の香りも高く、最後は深い余韻と共に涙を誘おうって寸法だろ。そうはいくかい。

などとどうでもいいことを考えながら見始めると、これがとんでもなかった。いや、良い意味で。

刑務所でピアノ教室の講師をしている老女と、彼女に才能を買われた若い女囚との物語です。老女は古式ゆかしく格調の高いものを好む頑迷で無口な人。女囚は男の看守をボコボコにしてしまうような跳ねっ返りで自暴自棄の塊だがピアノの才能だけはピカ一。そんな二人が衝突しながら、おまけに刑務官や他の囚人たちの陰湿な嫌がらせにも耐えながら、ともにコンテストでの優勝を目指してレッスンに励す姿を、ダイアログや回想シーンで二人の過去を小出しに暴きつつ描きます。

で、よくある映画だと、反発しあう二人が徐々に互いを認め合いハッピーエンドとあいなるわけですが、この映画は少し違いました。なにしろ二人は過去の重すぎる出来事が発端となって、完全に閉じた自分の世界で生きるようになった人達なので、そう簡単に相容れることはありません。愛を失う恐怖から立ち直れない臆病な老女と、魂をストレートにぶつけることしかできない女囚は、延々とボタンのかけ違いをして、なっかなか互いを許容しないのです。まあそれでもラストはそれなりに歩み寄りがあるのだけど、それもほんの少し、やっと兆候が見え始めたというくらい。間違っても握手して終わりなんてことはしません。安易な共感など唾棄すべきものだとでも言わんばかりの、堅固なまでの自我の対立。これがそこらの生温い映画とは違って、この映画を一筋縄では行かない、ハードな感触のある作品にしていると感じます。

最大の見せ場は、やはりラストの4分間。それまでの約2時間は、この大爆発に収束するための長い前フリだったのだ、このシークェンスのために、これまで抑えて抑えて圧力を上げていたのだ、と納得できました。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

28週後...

28週後...(特別編) [DVD]

監督:フアン・カルロス・フレスナディージョ
2007年 イギリス、スペイン

『28日後...』の続編。感染した人間を凶暴化するウィルスが発生してから28週後、事態は沈静化し、NATO軍監視の下でようやく復興を開始したロンドンだったが、悪夢は再び訪れる――という話し。

人間の心まで描こうとしながら、とても成功しているとは思えなかった前作とは異なり、娯楽作品に徹していたのがかえって良かったと思う。そもそもウィルスに感染したら即座に発症し走り回るという設定が、いかにも娯楽作品向きではないか。今まで仲間だった者も次の瞬間にはどうなるか判らないというスリルを生む反面、人間に思索する間を与えないのだから。これがロメロのゾンビなら、感染したら発症する前に自殺しようか、それとも最後まで生き抜こうかと葛藤するのだけど、この映画にはそれがない。ただひたすら逃げて、逃げ遅れたら死ぬか途端にゾンビ化するか、それだけなのだ。たちまち繁殖した“病人”を軍が制圧するシ−クェンスなんか、ほとんどパニック映画だ。自然の圧倒的な猛威を前に為す術もなく右往左往する人間達。心もへったくれもない。

感染しながら発症しない体質の人間が登場するので、当然ながらワクチン開発に期待がかかるのだが、物語はそこまで至らない。いかにも続編ありきといった感じの作りだった。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

50回目のファースト・キス

50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]

監督:ピーター・シーガル
2004年 アメリカ

事故で記憶障害に陥った女に恋をしてしまった男の物語。

現実味がなさ過ぎてまるで没頭できませんでした。ヒロインは一晩眠ると前日のことを完全に忘れてしまう人で、彼女の時間は事故が起きたその日に止まっているという状態です。それで主人公は毎日彼女と初対面の状態からやり直して口説き続けるわけですが、これはどう考えても長期的な恋愛なんて成立しないでしょ。メモを残したりビデオで記録したりすれば、それを見たヒロインは“知識”として事実を受け入れられるかもしれないし、時間をかければほんの僅かずつ男のことが記憶に残るかもしれない。しかし、そこに感情が追いつくとは到底思えん。まあ、永遠の片想いを受け入れた男の悲しくも滑稽な物語だと思えば、こういうのも有りなのかも。

恋愛なんて所詮は刷り込み、一種の洗脳。ってことだけはよく判る。おしまい。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

13ラブ30

13ラブ30

監督:ゲイリー・ウィニック
2004年 アメリカ

ジェナは劣等感を抱える自己主張の苦手な女の子。確かに彼女は美人じゃないし、どうにも垢抜けない。それに引き換えクラスに君臨するマドンナ軍団は、美人揃いでお洒落で華々しく、これでもかと胸を突き出して廊下を闊歩する様は自信に満ちている。親友のマットが「彼女たちには個性が無い」と言ってジェナを擁護しても、当のジェナは「個性なんか要らないから格好良くなりたい」と吐き捨てるように言う、そんな女の子。“早くステキな大人の女性になりたい”と夢見るジェナが、13歳の誕生日を迎えた翌日、目覚めるとそこは17年後の世界、彼女は13歳の意識を持ったまま30歳になっていた。と、ここまでが前提です。

30歳のジェナはファッション誌の編集者として働くやり手のキャリアウーマン。美人だし、胸は13歳の頃のようにパットを入れなくていいほど成長している。彼女は理想どおりの自分を手に入れたかのように見えた。しかし実像は違う。現実の彼女は、仕事のためなら手段を選ばない、高慢ちきでいやーな女。本当の友人なんていやしない。マットもとっくに彼女の元を去っていた。17年間で自分がそんな風に変化してしまったことを、ジェナは次第に理解し、理想と現実のギャップに打ちのめされてゆくというわけです。

主演のジェニファー・ガーナーが、子供の内面を持ったまま大人になった女性を面白おかしく好演しています。本当に子供みたいな表情をする彼女を観ているだけで飽きません。脚本も簡潔で、細かな伏線も張ってあり、まあ都合の良過ぎる点もありますが、結構楽しい映画でした。これがビデオスルーで『プラダを着た悪魔』みたいのが劇場公開されるんだから、なんとも不思議な気がします。役者のネームバリューと話題性? ふーん。

マイケル・ジャクソンのスリラーを大勢で踊るシーンが良いです。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

16ブロック

16ブロック [DVD]

監督:リチャード・ドナー
2006年 アメリカ

16ブロック先の裁判所に、証人として出廷することになっている囚人・エディ(モス・デフ)を護送する刑事・ジャック(ブルース・ウィリス)は、遅々として進まないニューヨーク名物の大渋滞に巻き込まれて苛立ち、一旦路肩に車を留めて酒を買いに商店へ。すると一人の男が車に近づき、懐から銃を――。

ここまで(せいぜい10分程度)の間に、ジャックとエディの基本的な人間像と彼らの目的、目的地までの距離・残り時間・朝のラッシュ時であることなど二人が避けられない“縛り”、オチに繋がる伏線など、必要な前提がほぼ出揃っているのって、実は凄いことなんじゃないかな。こういう巧い映画って、そうあるもんじゃないですヨ。

ダイ・ハード的なアクション映画なのかと思いきや、サスペンス要素の方がずっと強く、二人がいかに窮地を切り抜けるかがポイントで、ジャックの(アル中の割りに)的確な状況判断によりギリギリで逃げ延びる様はスリリングでした。

人物描写が良かったように思います。どんな人生を送ってきたか、どんな考えの持ち主か、生活ぶりはどうかが、目に見えてきそうな感じです。ケーキのレシピノートや便座といった小道具から、人間性や人間関係を想像させるのも巧いと思いました。人間の負の部分を描きつつも、家族愛や友情の温かみも描いて後味良くしめるのは、ドナーらしい気がします。

マンハッタンの雑踏や、古くて少し汚れている街並みに、ある種のカッコ良さというか美しさというか、そんなものを感じたのは、この映画が初めてです。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

39-刑法第三十九条-

39-刑法第三十九条-

監督:森田芳光
1999年 日本

夫婦殺傷事件を起こした劇団員・柴田の精神鑑定をする二人の鑑定医。ベテラン鑑定医の藤代はデータから柴田が解離性同一性障害であると診断する。一方、年若の女鑑定医・小川は詐病であると直感的に看破する。藤代の診断が採用されれば柴田は刑法第三十九条によって罪を免れるが、小川は“精神障害が理由で免罪することこそ容疑者の人権を剥奪する行いだ”という持論を基に、柴田に責任能力があることを証明したい。それには証拠となる確たる根拠が必要だ。そこで小川は刑事と共に、柴田という人間の洗い直しを始める――。

サイコ・サスペンスとしてはわりとありがちな展開。容疑者の追想により徐々に明かされる事件の真相に意外性が感じられなかった。精神科医が心理分析に固執するのも相変わらず自己の救済が動機というお決まりのパターン。というように私が思ってしまったのは、一時期その手の本を読み漁っていたからか。まあそれについてはいいです。

致命的につまらなかったのは、メインが精神科医とサイコパス(詐病だけど)という設定のわりに対話の密度が薄く、医者が刑事の真似事をすることに重きが置かれているからだ。対話から人間像を引っ張り出して欲しかったな。『羊たちの沈黙』はその点がスリリングでしたっけ。

ある意味、観て良かったのは役者の演技。巧い、というのではありません。芸達者な役者さんがずらっと出演しているのですが、不自然なほど演出過多というか、デフォルメし過ぎなのです。実際の人間は型通りの喋り方なんてしない、という森田監督の言う事もまあ判るけど、これは映画だから。それもシリアス路線の。台詞回しの異様さで笑わせてどーすんだ。特に樹木希林さんと江守徹さんは凄いです。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

3人のゴースト

3人のゴースト

監督:リチャード・ドナー
1988年 アメリカ

つまりはコメディタッチのクリスマス・カロル(ディケンズ)なのです。とはいえ外し気味で、特にラストは恥ずかしくなってしまいますが。恋人と過ごした過去のクリスマスを振り返ったときに主人公(ビル・マーレイ)が一瞬だけ見せる優しい笑顔が好きです。

映画とはあまり関係ありませんが、ふと思ったのは、資本主義とキリスト教は相性が良いということ。資本主義社会である以上、収入に格差ができるのは当然でありますが、例えばアメリカではキリスト教の「汝、隣人を愛せよ」という、いわば“抑止力”になりうる教えがあるからこそ、金持ちの奥様連中がボランティア活動に勤しむとか、ビル・ゲイツが基金に寄付するとか、そのような、勝ち組が負け組みとの隔たりを埋める行為が、珍しくない光景として見られるのだろうなと。そういうわけで、資本主義とキリスト教の抱き合わせは良く出来た仕組みだと思いました。

翻って日本ではどうだろうと考えた時に、その“抑止力”が果たしてあるだろうか。日本では思想が置いてきぼりを食っていないか。隣人を愛するらしいアメリカでさえアレだと思うと(以下略)。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

1941

1941

監督:スティーヴン・スピルバーグ
1979年 アメリカ

巨額の製作費をかけてこれだけバカなドタバタ群像喜劇を撮れたのは、スピルバーグ監督の才能とそれまでの実績あってのことだから、別に恥ずべき汚点と捉える必要はないと思いますが、ちっとも笑えないのはいかんともしがたい事実です。

しかしダ。この映画の本当の見所は笑いではなく、破壊なのだと私は思うから、そういう意味では決して駄作なんかではないと断言したい。とにかく破壊するのが大好きなスピルバーグの凶暴性を初めて見せ付けた記念すべき作品であります。

そんなことはさておき、テーマ曲とダンスシーンが良いです。ふと思ったんですが、ダンスシーンが良く撮れている映画には名作が多いような気がするんですけどどうでしょう。あと、アメリカ人の意気を低下させるためにハリウッドを攻撃するという発想は、あながち的外れでもないと思う。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

16歳の合衆国

16歳の合衆国

監督:マシュー・ライアン・ホーグ
2002年 アメリカ

「彼が人を殺して証明できたのは、自分の平凡さだけであった」 そう言ったのは誰だったろうか。ああ、私でした。すみませんでした。

恋人の弟(知的障害者)を殺してしまった16歳の少年が主人公。繊細過ぎるきらいはあるが、特に問題があるわけでもない少年が、いかにして殺人に至ったのか、その背景には何があるのか。矯正施設の教官が、少年の心の奥底にあるものを暴露しようとするが――。

「一つの微罪は百の善行に償われる」という論理の正しさを証明すべく、強欲な金貸しの婆さんを殺した『罪と罰』のラスコーリニコフと、「イノセントな魂を悲しみで薄汚れさせてはいけない」という理由で殺人を犯したこの映画の主人公は、よく似ていると思いましたデス。ベクトルの向きこそ違うけれど、どちらの根本にも独り善がりな使命感、傲慢なエゴがある。オマエは神か、って話です。

事件前の少年の行動が描かれるあたりから、それまでのかったるさが嘘のように払拭されて素晴らしくなります。殺人の動機はさておき、少年が抱いた悲しみの深さは伝わりました。ただ、そこに行き着くまで1時間ほどかかります。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

80デイズ

80デイズ

監督:フランク・コラチ
2004年 アメリカ

80日間世界一周のリメイク。と言ってしまうのはどうなのか。村の御神体を盗まれた中国人が盗賊団を相手に大活躍、ってのは流石に無理があるだろう。世界観を借りた別物と考えた方が良いのではないかな。

まあそれはそれとして。映像はCGを多用したファンタジーな仕上がり。ストーリー的には、愛・友情・信念・夢・高潔さ、そういうのは大事だよって話。ジャッキー・チェンがいるので当然ながら格闘シーンもありますが、とことんまで叩きのめすことも流血も死もなく、コミカルな味付けも相まって痛々しさを感じさせないところはいかにもディズニーらしい。

このディズニーらしさってのが私は基本的に嫌いダ。でも巧いなあとは思います。例えば大仏の中での格闘シーン。科学者のくしゃみとリンクして、大仏の鼻の穴から鼻水が垂れるように、倒された悪党の一人がずるっと飛び出すカット。やってることは暴力以外の何ものでもないというのに、そういう演出を挟み込むことで暴力性を相殺しています。

痛みの伴わない暴力を子供に見せることが果たして良いとは思えないが、そんなこと本当はどーでも良くて、要は親が納得できるか否かが問題なのだ。金を払うのは親だから。親に安心感を売るのがディズニーの商売だから。そういう意味じゃあ彼らの仕事は見せ方を熟知しているプロの技ですよ。そこんところは認めざるを得ない。

ジャッキー・チェンが主演といっても、彼はあくまでアクション担当であり、物語の主人公はスティーヴ・クーガン演じる科学者です。いつも助けられてばかりで足手まといのマヌケな主人公。なのに大切な場面では必ず真ん中に映っているという。飛行機作った以外、オマエ何かやったか?と言いたくもなりますな。

他にも突っ込みどころは数多し。そもそも80日間を2時間に圧縮するという根本に無理があるわけで、もうそこまで辿り着いたの?とか、万里の長城を歩いて渡り切ったってか?!とか、釈然としない点だらけで言い始めたらきりがない。これは望むべくもないことですが、もっと色んな国の様子を堪能したかったです。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)