スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

JUNO

JUNO/ジュノ(エレン・ペイジ主演)

監督:ジェイソン・ライトマン
2007年 アメリカ

妊娠してしまった女子高生が出産するまでを描いた映画。

主人公のジュノは中絶することをやめて、赤ん坊を養子に出そうと早々に決めるのですが、彼女にしても彼女の親にしても、深刻な葛藤の跡が見えないのですね。ともすればジュノの行いは、子供が出来ない夫婦への“施し”、もっと言えば“善行”だと思っているフシさえある。その辺りがアメリカ的と言おうか、キリスト教の国らしいと言おうか。もちろん悩まないわけではありませんが、拍子抜けするほどあっけらかんとしています。産んで誰かに託してしまえばそれで良し、で本当に良いのだろうか。まあそういう選択もありでしょうが、少なくとも私は感情移入できませんでした。おそらく現実はもっと厳しいだろうし、そもそも出産て命がけの行為でしょ。軽過ぎる。

主人公が中流家庭の白人であるという時点でリアリティを感じないというか、スタートラインからして恵まれている人達だから余裕ぶっこいていられるんじゃねぇの、みたいに思ったり。これが例えば、学校にもロクに通えずトレーラーハウスで暮らす貧乏なヒスパニック娘が、ギャング崩れの少年と成り行きでやったらできちゃって、堕ろす金も無いから仕方なく産んだものの、当然ながら生活はままならず少年はいつしか逃亡もしくは麻薬の取引でヘタうって殺され、結局は子供を里子に出してようやく肩の荷が下りた少女は、それからもゴミ溜めのような場所でチンケな一生を送りましたとさ、という物語ならリアリティを感じたかもしれません、面白いかどうかは別として。

この映画が公開されてまもなく、アメリカ各地で17人の女子高生がいっせいに妊娠したという“事件”がありました。映画の影響かどうかは判りませんし、仮に影響があったとしても映画のせいにするのはお門違いですが、それはさておきこの映画が軽薄であることは事実だし、その軽薄さがことの重大さを隠蔽している点で、罪の無い映画とは言えないんじゃなかろうか。まあ少子化が深刻な我が国にとっては、むしろ広めるべき好都合な映画かもしれません。と無責任なことを言ってみる。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

11'09"01 セプテンバー11

セプテンバー11

2002年 フランス

9.11テロをモチーフに各国の映画監督11人が撮影した、それぞれ約11分の短編を11本集めたオムニバス。11人11様の世界を楽しむことのできる、ちょっとお得な映画でありました。それでは一本ずつ順番に紹介を。


  • サミラ・マフマルバフ(イラン)

    9.11テロが起こったその日、イランのとある学校が舞台。女教師が生徒にテロについて説明し、黙祷を捧げるよう指導するも、なにしろ幼い生徒達は事態の深刻さを一向に理解できない――。

    おそらく平和とはこういうものなのでしょう。外界で起きていることを理解していない・出来ないがゆえに、人々は平和を享受できるという。しかしそれは自分の周囲だけの、所詮はまやかしなのだけれど。

  • クロード・ルルーシュ(フランス)

    ニューヨークのとあるアパート。聾唖の女と恋人が一緒に暮らしている。男の気持ちが冷めつつあると感じている女は、男が仕事に出かけたあと、彼宛に別れの手紙を書く。丁度その頃、貿易センタービルに旅客機が追突、テレビ画面に様子が映し出される。しかし聾唖の彼女はそれに気付かない――。

    男と女の物語にしたところがルルーシュらしいっちゃらしいか。テレビに映し出される世界が壊れゆく様と、女個人の世界が壊れゆく様の、対比が面白いかったです。

  • ユーセフ・シャヒーン(エジプト)

    ベイルートで死んだアメリカ兵の霊と映画監督との対話をファンタジーっぽく描く。

    アラブ人の怨み節という感もありますが、もちろんそれだけではなくて、監督は悩み葛藤し、答えの出ない問いをグルグルと考えます。どことなくとぼけた味わいがありました。

  • ダニス・タノヴィッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    女は毎月11日のデモに参加する。1975年7月のその日は、セルビア人勢力によるイスラム教徒の大量虐殺が行なわれた日だからだ。そして2001年9月のその日、アメリカで同時多発テロが起きたことから、今日のデモが中止になったと女は聞かされる――。

    夫を殺された女が自ら自爆テロに命を捧げることもあれば、この作品の女たちのように、ひたすら静かに、祈りを捧げるようにデモ行進する人達もいて、それも一つの戦い方ではあるのでしょう。

  • イドリッサ・ウエドラオゴ(ブルキナファソ)

    9.11テロの首謀者とされるビンラディンと酷似した男を近所で発見した少年が、仲間とともに男を捕まえて賞金2500万ドルをせしめようとするが――。

    この監督は正直だと思いましたね。要は、遠いアメリカの国で起きたテロなんかより、自国の貧しい子供たちにとっては目先の金が大事だという。とは言っても、直接的には無関係な国の子供にまで何らかの影を与えてしまったのが、9.11だったわけですが。

  • ケン・ローチ(イギリス)

    イギリス在住のチリ人が、アメリカ人あてに励ましの手紙をしたためる――。

    1973年9月11日、チリでクーデターが発生し、以降、独裁政治が始まり左翼は監禁・殺害された、ということがまずあって、同じ日付であることに因縁めいたものを感じた主人公がアメリカ人に対し、激励や追悼の意を込めて手紙を書くのですが、実はチリ・クーデターってのはアメリカ政府が支援していたわけで、だから主人公の言葉は重く響きます。

  • アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(メキシコ)

    ほとんど真っ黒な画面。貿易センタービルから人が落下する映像が時折差し挟まれる。始終ノイズとともに、当時のニュースの音声が脈絡なく鳴り響く。

    まぁこれも一つの表現方法だとは思いますが、つまらないです。調べてみたらこの監督、元はCMを作っていたそうで。なんだか納得。

  • アモス・ギタイ(イスラエル)

    イスラエルのとある通りで自爆テロが発生、警官や救命士でごった返す中、街の情報番組のための取材中に通りかかったレポーターが加わり、混乱に拍車をかける――。

    騒然とした様子を、とにかくひたすら臨場感タップリにカメラが追うのですが、効いているのが最後の、レポーターの上司の言葉です。ちょっとした自爆テロくらいなら、もう慣れっこになってしまっているイスラエルの現状、マスコミの体質……よくできています。

  • ミラ・ナイール(インド)

    9.11テロの容疑者として、一人のアラブ人青年が浮上する。しかし彼は無実であるばかりか、貿易センタービルでボランティアとして救命活動に加わっていた――。

    あのテロ以降、アメリカではアラブ人に対する差別的な扱いが見られるようになり、そのことは何本かの映画や小説でも取り上げられるようになりました。心情的には判らなくもありませんが、そんなことをしてもテロリストの思う壺なんだけどなぁ。実話がベースになっています。

  • ショーン・ペン(アメリカ)

    暗い安アパートの一室で暮らす老人。光りが差さないから鉢植えの花も一向に咲きゃしないと、妻にこぼす老人であったが――。

    老人は呆けており、妻の死を認識できずにいます。そのことを隠そうとする演出(ベッドを半分しか映さないなど)はさすがに不自然で、老人が既に一人身であることはバレバレであるため、彼が妻の死を認識した瞬間の悲しみが、今一つグッと来ませんでした。それと、唯一のアメリカ人であるショーン・ペン監督が、テロを真っ向から取り上げるのではなく、一種のファンタジーに仕立て上げたことは逃げなのか、それともアメリカ人であるからこそ、そうせざるを得なかったのか、判断が難しいところです。私は、無難におさめたなと思いました。

  • 今村昌平(日本)

    第二次大戦から帰還した一人の兵士が、言葉を失い、まるで蛇のように地面に這い蹲って、生きた鼠を丸呑みするという奇行に走る様を描く。

    戦地での過酷な経験がトラウマとなり、人間であることをやめて蛇になった男の物語です。有名な役者がほんの端役でずらりと並んでいるという、なんとも贅沢な作り。『黒い雨』で「正義の戦争より不正義の平和」と言った今村監督らしい思想が、この作品にもありました。で、言いたいことは判るのだけど、それを画面上にテロップで出すのはどうなのよ。せめて台詞に組み込めなかったんだろうか。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]

監督:スティーヴ・ベンデラック
2007年 イギリス

くじ引きで当てたカンヌ旅行に喜び勇んで向かうMr.ビーンの道中記。手荷物やチケットを失くすわ、親とはぐれた子供の面倒を見るハメになるわ、映画祭に参加するためフランス入りした映画関係者と騒動を起こすわと色々忙しい。

映画一作目の『ビーン』は、ラストで芸術について長々と良いことを語ってしまうビーンが彼らしくなかったが、今度の二作目は、こんな人間が実在したら間違いなく刑務所か病院に入れられるであろう彼本来の大迷惑な変人振りを、最後まで遺憾なく発揮していた。ただ、それが笑いに繋がるかどうかは微妙なところ。私は面白かったが、大真面目な人は気分を害するかもしれない。

フランスの田園風景がとても美しい。行ってみたくなった。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

BROTHER

BROTHER

監督:北野武
2000年 日本、イギリス

北野監督版『兄弟仁義』ってなところです。

抗争により組を失ったはみ出し者のヤクザが弟を頼って渡米し、そこで仲間を募りながらマフィアに喧嘩を売るという物語です。当然ながらマフィアに敵うはずも無く、主人公が微笑を浮かべながら発する「もう終わりだな、みんな死ぬぞ」という言葉どおり、彼らはことごとく死ぬんですけども。

北野映画の中では下位ランクに位置すると私は思っておりますが、それでも好きな部分は色々あります。特に、ヤクザが暇そうなところ。北野映画で描かれるヤクザは本当に暇そうで、この作品ではバスケットボールをして遊んでいるし、『3-4x10月』では浜辺で野球を、『ソナチネ』では紙相撲なんてやっていたりします。おそらく現実のヤクザも、まあバスケや野球をやらなくとも、基本的には暇なんじゃないかな。毎日切った張ったをやっているわけでもなく、身体を鍛えたり勉強をするわけでもなく、書類仕事には担当者がいるし、忙しく駆けずり回るのはチンピラの仕事だし、ある程度の地位に行くと事務所に居るしかないんでしょう。そういう、ドラマティックではないヤクザの日常を描く事に結構な時間を割くところが、いわゆる任侠物と北野映画の大きな違いの一つでしょうね。

後半に入り、地元のジャパニーズ・マフィアと手を組んで抗争が激化してゆく辺りから、割と普通のヤクザ映画になってしまうのが残念です。『ソナチネ』以前の、死への恐れと憧れとをない交ぜにした文学的な感性が、ただでさえこの映画には希薄なのに、後半に入るとますますそれが顕著になってしまうんだな。「死に方」を描いてはいるが「死」を描いてはいないという、そんな印象を持ってしまいます。

この映画で最も気の利いた台詞は、「美人なんだかブスなんだかよくわかんねぇ」というところです。あまりにも的確な表現で女優さんが少々気の毒。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

M.C.エッシャー

M.C.エッシャー

監督:ヤン・ボスドリース
1998年 オランダ

一般的には騙し絵で有名な画家(版画家)のエッシャー。作品そのものはもちろん、日記や手紙を多数引用して、彼の画風がどのように確立されていったのかを記したドキュメンタリーフィルムでした。

“タイリング”という、同じパターンの繰り返しで平面を埋め尽くす極めて数学的な手法でもって、この世の秩序と混沌を描いた彼の作品は、いわば彼流の“曼荼羅”なのだろうと思いました。変革の時代を憂いていた、どこか世捨て人の感のある彼は、規則性のある数学的な世界に安らぎを求めていたのではないかな。学生時代の彼の作品に、その片鱗が既に現れていて興味深いです。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

Gガール 破壊的な彼女

Gガール 破壊的な彼女 (出演 ユマ・サーマン) [DVD]

監督:アイヴァン・ライトマン
2006年 アメリカ

図書館に勤務している見た目も地味なジェニーは、実は特殊な能力を持った正義の味方で、世間からは“Gガール”と呼ばれています。まあつまりスーパーマンの女版です。

しかし彼女、人格的には問題だらけです。直情的でキレやすく、嫉妬深くて乱暴で、彼氏が浮気していると勘違いするや、人助けもさておいて様々な嫌がらせに走ります。

壊れかけた女の役がユマ・サーマンには似合います。実際にこんな女と付き合ったら疲れちゃいますが、それでも振り回されたいと思うのは、自分勝手な女が可愛いと感じる私の個人的嗜好だけではなく、ユマ・サーマンの魅力に因るところが大きいでしょう。

最後は彼氏と上手くいってハッピーエンドってなもんだろうと思っていましたら、予想は大きく外れました。実に意外な展開です。良いのかこれで。良いんだなこれで。

女は元気で男はたじたじ。男女のパワーバランスはこれくらいで丁度いいんじゃねぇの。なんてことを思った次第。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタ

監督:ジェームズ・マクティーグ
2005年 イギリス、ドイツ

全体主義社会に反逆する仮面の男と、彼を見守る一人の女の物語。仮面=顔の無い人、つまり民衆そのものなのだろうネ。民衆よ立ち上がれ!という、そんな映画。

テーマも描き方も古典的で奇をてらっていないのは良いと思いました。映像はそれなりに綺麗だしアクションシーンも今時の感じだけれど、昔の映画を観ているような。格調が感じられる、と言ったら言い過ぎか。ん。

実を言うと最も目を奪われたのはナタリー・ポートマンのコスプレであり、彼女のパンチラだったりするわけですが、そういう見方をしてしまう自分がちょっとアレだ。

ところで、この手の物語を北の国の政治に結びつけたがる人がいて、まあそれはそれで別にいいんですけども、全体主義について考えるなら何もそんな国を引き合いに出さなくても、我々の足元にあるこの国をよく見れば思い当たるところはいくらでもあるはずですヨ。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

X-MEN:ファイナルディシジョン

X-MEN:ファイナルディシジョン

監督:ブレット・ラトナー
2006年 アメリカ

いよいよマグニート率いるミュータント優位主義者たちが人類に宣戦布告、プロフェッサーX率いるX-MENらは人類の盾となりマグニートたちを迎えうつ――。

このシリーズの面白さは、バリエーションに富んだミュータントたちの能力とその使い方に尽きると思う。ミュータントカタログですよ。こんなのもいるのかあとか、こいつの能力は激レアだよなあとか、そんな感じで観るのが楽しいです。しかも今作では主要な人物から雑魚に至るまで、それぞれの能力が物語の展開やアクションで、きっちり意味を伴って活かされていることが多かった。(中には笑いに活かされるだけのミュータントもいたりしますが、それはそれで立派なもんです。)そういう意味では、今作はシリーズ中もっともよくできていると思いました。

その代わりと言ってはなんですが、深みのある人物造形や細やかな心理描写に期待してはいけません。マイノリティの優越や悲哀を描いた本格的なドラマが観たいなら、もっと高尚な映画を選ぶが良いです。

一応、今作品でシリーズ完結ということですが、ラストを観る限り物語は続いてゆきそうな感じです。原作はどうなっているのか少し興味を持ちました。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

M:i-3

M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション

監督:J・J・エイブラムス
2006年 アメリカ

二作目でジョン・ウーが下手うったことなどすっかり忘れてしまいそうなほど、って書く時点で決して忘れていないわけですが、まあとにかくなかなかの娯楽映画でした。

ドラマ部分はわりと硬派な雰囲気で、アクション部分はCGを多用してド派手に演出しつつも生々しい肉体の動きもしっかり見せるという感じ。いくらなんでもそりゃ無理だ、と思わせる主人公の非現実的な活躍ぶりは、このシリーズならではの面白味として解釈するより仕方ありません。変装には苦笑いがこみ上げそうでしたけども。

自分の素性をフィアンセに明かせない主人公が、人質にとられたフィアンセと止む無く協力し合うというくだりは、シュワルツェネガーのアレ、なんだっけ、『トゥルーライズ』を彷彿とさせました。もういっそ夫婦でスパイをやって、子供ができたらその子もスパイとして育て上げてだな、『スパイキッズ』をやればいいと思います。

フィリップ・シーモア・ホフマンが体型に似合わず強いです。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

監督:山崎貴
2005年 日本

「さあ泣け、泣いてみろ」と鞭を携えたお涙頂戴女王サマに責め立てられているようで、ドSの私としてはふざけろコノヤローと思ったりもしたのですが、あそこまでやられちゃあ流石に泣かざるを得ないというか、泣いてやらないと気の毒なので、ここは一つMになりきって泣くほうが気持ち良いのだと思い直した次第です。まあたまにはこーゆープレイも良いんでないの。一杯の掛けそばが好きなドMには堪らない快感かもしれません。

CGをふんだんに使って再現された昭和30年代の東京の町並みには目を見張りました。テレビ・電気冷蔵庫・電気洗濯機といった三種の神器についてや、長州力、駄菓子屋、集団就職などなど、当時をしのばせる様々な断片を楽しく観ることもできました。リアリティがあるか否かは判りませんが、そんなことは瑣末な問題です。この映画は日本人の多くが共有しているであろう懐かしいイメージを舞台装置にしたファンタジーであり、夕日に照らし出される家族の姿が象徴するように、社会の変化に左右されない人間の根源的、普遍的な営みを描くことが目的であると考えれば、特に問題ありません。

町には東京タワーが建造されつつあり、大人は三種の神器に大喜びし、子供はSF小説の中に未来都市の姿を見出す。一方で、たとえば電気冷蔵庫の普及に伴い仕事が減ってゆく氷屋のような存在もある。文明の進歩は望むところではあるけれど、進歩の陰で泣くものがあるということも、この映画は同時に描きます。文明を手放しに礼賛するでも単なる懐古主義に陥るでもなく、この辺りのバランス感覚は良いのではないかと思いました。

ところで、私は原作の漫画を一時期よく読んだのですが、この映画は原作と別物だと思ったほうがよろしいかと。唯一、アクマ医師のエピソードだけは原作の持ち味が活かされていると感じました。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)