スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ノーカントリー

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
2007年 アメリカ

交渉決裂の結果なのか、数体の遺体が転がる麻薬取引現場にたまたま出くわした主人公が、多額の現金をネコババしたことから殺し屋に追われるという物語。

映画を観て緊張したのは久し振りでした。この映画でアカデミー賞助演男優賞を獲得したハビエル・バルデム演じる殺し屋“シガー”は、とにかく出会う人を手当たり次第に殺すのかと思えばそうでない時もあり、今度は殺す必要がなさそうだと思えば殺し、しかも殺すシーンそのものはなく事後処理的に理解させるといった演出を施してあったりと、いったいどこから弾が飛んでくるのか判らないような緊張感が全編を覆い尽くしていました。

どうやらシガーは一時の気紛れで人の生き死にを左右しているのではなく、彼なりのルールに則って動いている節がある。サイコパスゆえ、と言ってしまえば簡単なのだけど、サイコパスにはサイコパスなりの、狂気には狂気なりのルールというものがあるでしょう。それはトミー・リー・ジョーンズ演じる、世の中の異常さを嘆く老いた保安官を含めた、自称“正常”な人間である私たちが規範にしているルールとは明らかに異なるものでありますが、しかし破綻はしていないんだな。彼は彼のルールを受け入れ、静かに、冷徹に、それを守っているだけなのです。そういう意味において、シガーは絶対的に正しい。

暴力が発動するまでの、あの不穏な雰囲気が始終漂っているので、やたらと陰惨な印象があとに残りますが、ヴァイオレンス描写そのものには然程目新しさも激しさもありません。それ自体がこの映画の目的ではないのでしょう。ましてや主人公と殺し屋の攻防におけるサスペンスは単なるスパイスに過ぎず、その証拠に決着はいとも簡単に、拍子抜けするほど雑に片がついてしまいます。おそらくこの映画は、死出の旅路を描いたロードムービーとして観るのが正しいのではないでしょうかね。

実を言うとコーエン作品は基本的に嫌いなんだけれども、この映画だけは唯一観て良かったと思いました。音楽がほぼ皆無の静謐なアメリカ映画と今時出会えるとはね。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]

監督:ジョン・タートルトーブ
2007年 アメリカ

シリーズ二作目。

安定した冒険活劇だとは思います。ご都合主義的展開など、気にしだしたらキリがないほど細かな問題点はあれど、老若男女、誰でも気軽に楽しめて、誰もが傷付かないよう、最大限に気配りされているのがよく判ります、それが良いか悪いかは別として。ディズニー映画がその点で徹底しているのは確かです。

ニコラス・ケイジ演じる主人公も、エド・ハリス演じる悪役も、根底には愛国心を持っており、それが二人を突き動かす重要な動機の一部となっています。だから悪役は完全な悪役でなく、最後には許される人間として描かれるのです。そこのところで私は鼻白んでしまいました。そういうものはどうか、隠し持っているだけにしていただきたい。どういうわけか愛国心というものは、懐に抱いているぶんには問題ないのですが、いざ取り出してみると途端に腐臭を放ち出す厄介な代物なのでね。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ネバーエンディング・ストーリー

ネバーエンディング・ストーリー

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
1984年 西ドイツ、イギリス

ファンタジー小説を読み耽るうち、その世界に入り込んでしまう少年の物語。あれほど読書に没頭できた子供時代が、かつて私にもあったような気がするが、その感覚、手応えを、今はもう思い出せない。大人になってからこの映画を観ると、そんなことを考えてしまい、結構痛いところをグサグサ突かれる。世界が歪んでいるのは、僕の仕業かもしれない(真島昌利)。

幸運の白龍ファルコンが微塵も可愛くないのだけはどうにかならんかったか。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナンバー23

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション

監督:ジョエル・シューマカー
2007年 アメリカ

一冊の犯罪告白本に書かれた“23”という数字の謎に取りつかれ、事件の真相に辿り着こうとする男の物語。

主人公と自分とを重ね合わせながら男が本を読み解いてゆく前置きだけで1時間。そこからようやく物語が動き出すという恐ろしいほどのスロースターターっぷり。でもまあ多少のスリルとミステリーが味わえるようになってきたから良いかと思ったのも束の間、意外性の足りない結末に至り、くすぶったままジエンド。結局そういうことかよと。

数字遊びだけは面白かった。よくもあれだけこじつける事ができるもんだ。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナイト ミュージアム

ナイト ミュージアム [DVD]

監督:ショーン・レヴィ
2006年 アメリカ

なかなか定職につけないダメな男が夜警として働き始めた博物館で、深夜に展示物が動き出して大騒動というファンタジー・コメディ。別にどうってことないストーリーだけど、いくつか笑った箇所があった。ジオラマの人形が、小さいくせに頑張っているところとか。どうしてGW期間中に公開をぶつけなかったのか不思議。子供に見せると喜ぶかもしれないのに。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂

監督:フェルナンド・メイレレス
2005年 イギリス

妻の死に疑問をもった外交官が事件に巻き込まれてゆく物語。大手製薬会社の陰謀は実際に有り得そうで怖いし、夫の妻に対する純粋な愛にはそこそこ心打たれたし、アフリカの活気ある町並みは観ていて楽しいし、ちょっとぶっ飛び気味のレイチェル・ワイズは可愛いし、良い所は色々あるんだけど、なぜか眠かった。良くも悪くも引っかかりが何もない。綺麗にまとまっているとは思う。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

日本以外全部沈没

日本以外全部沈没

監督:河崎実
2006年 日本

日本以外の大陸が全て沈没したら――。

小松左京氏の小説、『日本沈没』のヒットを祝う酒宴で、星新一氏がふと漏らした「日本以外全部沈没」という言葉にピンときて、筒井康隆氏が僅か数時間で書き上げたという短編小説を基にした、低予算丸出しのパロディ映画。どす。

大国の人々が日本に救いを求めへいこらする様には、はは、ざまあみろ、と思いつつ、しかしこの映画が揶揄しているのは、いわゆる島国根性という言葉で表されることもある、我々日本人特有の気質やナショナリズムであることが次第に判ってくると、笑うに笑えなくなってきたりもするんですけど。

ただ、基本的にはバカ路線であり、深刻に捉える類の映画ではありません。テレビで見かける名前も知らない外国人タレントたち(もちろん稲川素子事務所所属)が、片言の日本語でチープな三文芝居を繰り広げるところなんて観ていると、これに比べればあの名作『シベリア超特急』でさえ至極真っ当な映画であったと思わされます。失礼な。シベ超はいつだって真っ当だゾ。ん。

風刺の毒性も弱く、タブーに挑むほどの気概は感じられません。「侵略の歴史は大陸とともに水に流しました」(中国主席と韓国大統領)とまあ、せいぜいこの程度。「神社で参拝してきました。心が洗われるようです」(中国主席と韓国大統領)なんて、どう考えても靖国のことだと思いますが、さすがに直接的表現は避けましたね。

『てぶくろ』(ウクライナ民話)の引用の仕方は、ちょっと説教臭い感じもしましたが、オチを考えれば相応しいかな。手袋の中にいろんな種類の動物達が入り込んでギュウギュウ詰めになるこのお話は、種の違うもの同士が寄り添い合う温かみを描きつつも、同時に手袋がいつ綻ぶかという緊張も描いており、っていうかむしろそっちが本題で、当然そんな状態は長続きするはずもなく、だから最後に手袋の中は空っぽになってしまいます。みんな仲良く暮らしましたとさ、ではないんだな。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

楢山節考

楢山節考

監督:今村昌平
1983年 アメリカ

姥捨て伝説を題材にした映画。

メシ食ってセックスするということは、つまり種を存続するということは、動物にとって最重要課題であり、それだけが生きる目的であると言っても過言ではないわけですが、それは人間も大差なく、ってゆうか人間も動物である以上当然で、その目的を達成するためなら何者をも容赦しないという、凄まじいほど汚らしい生への執着も、人間の一面として確かにあるのだということを、この映画はイヤというほど見せ付けてくれちゃって、もうなんだか圧倒されるわけです。

この映画が好きかと訊かれれば、NOと私は答えます。下品だし、ストレート過ぎるので。しかし、仮に姥捨てがただの伝説だとしても、ヒトという種の存続、あるいは社会の安寧秩序を名目に、弱者や異端を切り捨てるのは、人間が今も現実に行なっている行為であり、そのことを冷徹に描いたこの映画を、目を逸らさずに一度観ておいて良いんじゃねえの、とは思います。

例えば貧乏人は重病を患っても大した治療は受けられないし、重罪を犯せば死刑をくらうのがこの社会ダ。全ての命が大切なのではなく、大切か否かは“命による”。それが我々の生きる場所、この社会を仕切る絶対的なルールであるという現実を前に、今更どんなに綺麗なコトバを吐いたところで何になりますか、俺達人間とはかように臭いウンコどもなのだ、これでも食らえコノヤロー、と今村監督は言っているのです。いやそれはどうか知らんけど。時にはこういう汚いものも見ないとですネ、本当に綺麗なものも見えてこなかったりするんじゃないでしょうか。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナチョ・リブレ 覆面の神様

ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

監督:ジャレッド・ヘス
2006年 アメリカ

幼い頃に両親を亡くし、修道院で育ったナチョ。貧しい暮らしの割に、今では立派なデブの青年に成長した彼は、料理番として孤児たちの面倒を見る日々を送っている。ある日、ナチョはルチャ・リブレ(メキシカンプロレス)の花形選手・ラムセスの豪華な暮らしぶりを目撃、自分もプロレスラーになって金を稼ごうと思い立つ――。

漫画の『タイガーマスク』を想起させるこの映画は、神父をする傍ら孤児院経営の資金を稼ぐためルチャ・リブレもやっていたという、実在するルチャ・ドール(ルチャ・リブレの選手)でメキシコの英雄であるフライ・トルメンタさんをモデルにしているそうです。ちなみに、リングネームは“暴風神父”だとか。なんか凄そうです。

浮浪者のヤセとペアを組んでナチョが始める特訓は的外れで、たとえば闘牛の真似事だったり、あるいは蜂の巣の駆除だったり、役に立たないものばかりです。覆面レスラーの命である覆面は意外とあっさり外され、それで困るということは特にありません。いけ好かないラムセスをいざ打倒せんとするクライマックスでは、そんなに簡単で良いのか?と思うほど、呆気なく勝利してハッピーエンドを迎えます。

とまあ、リアリティもスリルもカタルシスもなく、スケールの小さな世界でちまちまと繰り広げられる物語なのだけど、その小ささがなんとも可愛らしいと言いますか。

ナチョはスターになって大儲けしたいのではなく、子供たちに今より少しまともなものを食わせたいだけなのです。彼の居場所はあくまで修道院であり、厳格ながら愛情を注いでくれた老僧や、理解を示してくれる憧れの美しいシスター、そして辛い身の上であるにもかかわらず屈託なく笑う子供達と共に過ごす、貧しくとも楽しい日々の暮らしこそが彼の生活なんだな。その生活を守るべく、馬鹿馬鹿しいほどひた向きに邁進する彼の日常を、温かみのある視点で描くところに、おそらくこの映画の真意がある。本格的なプロレスや、大笑いできるようなコメディを期待して観るとがっかりするかもしれませんが、そもそもそんなところに真意はないと私は思います。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)

ナイト・ウォッチ

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編

監督:ティムール・ベクマンベトフ
2004年 ロシア

光の世界と闇の世界、それぞれの住人が戦うさまを描いたダークなファンタジー。続編がありそうな終わり方だと思ったらこれ、全三部作の一作目だそうで。ちなみに二作目の『デイ・ウオッチ』は既にロシアで公開されたというから、日本上陸も遠くないかも。まあ一作目に失望した今となっては興味ありませんが。

展開は理不尽極まりないくせに、いかにもカッコ良さげな過剰演出で雰囲気だけは誤魔化しましたという作り。旧ソ連時代に素敵な映画を数多く残してきたロシアなのだから、今更ハリウッド型バカ映画の真似をしなくても良いだろうに、これもグローバリズムの弊害か。もうね、どいつもこいつもアメリカに毒され過ぎなんだよ。いや、でも、良いところもありましたヨ。美男美女が一人も登場しないところとか。え。


な行 | comments(0) | trackbacks(0)