スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

麦の穂をゆらす風

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

監督:ケン・ローチ
2006年 イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、スペイン

1920年のアイルランドが舞台。イギリスからの独立を目指して共に戦う兄弟の半生を軸に、講和条約締結によって内紛が起きるまでを描いた社会派ドラマです。

真面目というか手堅いというか、直球勝負で遊びがない映画です。そのぶんダイナミズムには欠けるけれど、長きに渡って迫害され続けたアイルランドの歴史の一端が興味深くはありました。イギリス軍の蛮行があまりに悪辣であるため、一瞬、イギリスが悪でアイルランドが善という単純な二極化に陥りそうになったところで、主人公が裏切り者の同胞(まだ子供と言ってもいい年齢)を銃殺してしまいびっくり。こちらの安易さを見透かされ、思い切り冷や水を浴びせられたようでした。

イギリスとアイルランドの間で締結された講和条約は、真の意味でアイルランドの独立を謳ったものではなかったわけですね。あくまでイギリス領であることを前提に、ま少しは自治権を認めてやろうじゃないかという代物。だもんだから主人公達は、とりあえずこれでいいじゃん派と、これじゃ意味なくね?派に分かれ、やがて内紛へと発展してしまう。両者が議論を交わすシーンがあるんですが、どちらの言い分ももっともなのです。それぞれが大儀をかかえ、大儀を全うしようと、多大な犠牲を払いつつ戦い続けるんですな。そして主人公は、「こんなことまでして意味があるのか?」と呟きます。じゃあどうすりゃ良いのよと重い気分で考えてみるも、私に答えが出せるはずもなく。

イギリスがアイルランドを支配するに至ったそもそもの発端は12世紀、ローマ法王が時のイギリス王・ヘンリー2世にアイルランドの領有を認めたことから始まったようです。その後、植民地支配が激化する背景にはプロテスタントによるカトリックの弾圧があったらしく、まあ要するに宗教問題を切り離しては考えられないわけですが、全く宗教ってやつは、いつの時代も戦いの火種を作る厄介ものでございます。神さえいなけりゃ世の中もう少し平和だったのではないか。つかもうここまで来ると、ヒトという戦争が大好きな生き物は、戦争を正当化するための大儀として神を作ったのではあるまいかとさえ思えてきます。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

ミラクル7号

ミラクル7号 [DVD]

監督:チャウ・シンチー
2008年 香港

シンチー版『E.T.』といったところでしょうか。

息子には最高の教育を与えたいという思いから、貧しい肉体労働者である父親は無理して息子を名門進学校に通わせています。しかし金持ちばかりの名門校にあって、見るからに貧乏臭い息子はイジメの対象に。ある日、息子の為に靴を新調しようとゴミ捨て場に向かった父親は、そこでボール状の物体を見つけ、土産として持ち帰ります。あまり興味を示さない息子でしたが、なんとそのボール状の物体は突起物を生やし、犬のような生き物に変化したではありませんか。くしくも意地悪な同級生から犬型ロボット“ミラクル1号”を自慢されたばかりだった息子は、その生き物に“ミラクル7号”こと“ナナちゃん”と名付け、学校に連れてゆくのですが……。

親子の絆、息子とナナちゃんの間に芽生える友情、息子と同級生達との和解など、感動的な要素は詰まっているのですが、どれも予定調和でした。およそ不必要な脱線部分が多いのは、シンチーならではの持ち味でしょう。急にカンフー映画になったかと思えば、無駄にグロテスクだったり、そういう遊びの部分はなかなか面白かったですし、そこを面白がれなければ他には何も無い映画です。父性の喪失という裏テーマが感じられた『E.T.』のような深みはありません。ナナちゃんのデザインはいかにも中国っぽく、日本人の感性に合うか疑問です。中国土産の財布がちょうどあんな感じの色味だったな。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

マッチ工場の少女 / ロッキーVI

  • マッチ工場の少女
    監督:アキ・カウリスマキ
    1990年 フィンランド

    身勝手な母親と継父を若くして養う女が主人公。彼女は日がな一日マッチ製造工場で流れ作業に従事して得た僅かな給金の中から、たまにはステキな洋服でも買ってみるのですが、両親からは返して来い!という言葉とともに頬をぶたれます。しかし彼女も年頃の女の子、せっかく買った洋服を返す前に一時のお洒落を楽しみ、盛り場に出かけます。そこで彼女は男と知り合い一夜を共にすると、それが原因で妊娠、男に報告するも処分しろという冷たい一言が返ってきただけ。両親のこと、男のこと、貧しさ……、それまで溜めに溜め込んだ鬱憤に耐えられなくなった彼女は、いよいよ堪忍袋の緒を切らせるのです。

    こう私のアホっぽい文章で書くと切迫したものが何も伝わらないと思いますけども、実際はほとんど台詞の無い状態で、主人公の遣る瀬無さ・孤独感・怒りをじわじわと、丹念に炙り出していく暗い映画です。でもまぁそこはカウリスマキ監督らしいベタつかない感性とユーモアもあって、重苦しい感じはありません。カフェで一杯のビールを飲むほんのワンカットで、人物が何を感じて生きているのか想像させることのできるカウリスマキは、やっぱり凄いと改めて思います。

    自分を押し殺すのをやめて戦い始めた主人公の末路には、相応の罰が待っているのですが、それが不幸なことであると私は感じません。彼女はようやく呪縛から解放されて、自分の足で歩き出したわけだからね。

  • ロッキーVI
    監督:アキ・カウリスマキ
    1986年 フィンランド

    スタローンのロッキー4のアホらしさに腹立ちを覚えたカウリスマキによるパロディ映画。10分ほどの短編です。

    ロッキー4がプロモーション・ビデオのようだったことへの当てつけか、この短編も完全にPV風。カウリスマキらしからぬカメラワークに、始終鳴りっぱなしの軽薄な音楽。内容の方も、ロッキー4ではロッキーがソ連に乗り込んで四面楚歌の中、破壊的強さを誇るソ連人ボクサーに結局は勝って、それまでブーイングの嵐だった場内はいつしか歓声に包まれていたというものだったけども、この短編では痩せっぽちのアメリカ人が巨漢のソ連人に、案の定ボコボコにやられるというもの。しかしそこはカウリスマキらしいと言って良いのか悪いのか、このソ連人が大層バカで、レフェリーも観客も見境ナシに殴りつけてしまいます。ロッキー4もアホですが、この短編も充分アホです。カウリスマキのファンだけが観れば良い作品。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング

監督:アラン・パーカー
1988年 アメリカ

ミシシッピ州で3人の公民権運動家が行方不明となる。二人のFBI捜査官が捜査に当たるも、背景には深刻な人種差別問題があり、当然ながらクー・クラックス・クランの関与も疑われたが、地元の保安官でさえ言葉を濁す始末で、捜査は難航する。

1960年代当時の、アメリカ南部の人種差別問題が生々しく描かれており、サスペンスとしてだけでなく社会派ドラマとしても見応えがあります。ジーン・ハックマン演じる刑事は南部出身で、差別の現実に諦めを感じつつ、しかし忸怩たる思いも抱えており、一見そうは見えませんが深みのある思慮深い人間です。一方、ウィレム・デフォー演じる相棒は堅物の熱血漢で、人種差別を杓子定規に真っ向から否定するため、地元の住民と要らぬ衝突をして有効な証言を得られなくしてしまいます。そんな二人が次第に互いを信頼しあうようになる過程も良かったです。

今も昔も多くの国でヘイトスクラムは存在していて、特に近年のアメリカでは9.11以降、アラブ人に対するソレが増えつつあり、その上、崩壊したはずのKKKも会員数を増やしているとか。多くの場合、そのようなことを行なう輩は貧困層に属しており、まぁ要するに、てめぇの不満の原因を摩り替えて他者にぶつけているわけですが、サブプライムローン問題やなんかでますます貧困層が増えると、ヘイトスクラム予備軍もまた増えるのではないかと、そんなことを少し思いました。映画とは関係ない話ですが。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

ムースポート

ムースポート (特別編)

監督:ドナルド・ペトリ
2004年 アメリカ

アメリカのとある小さな田舎町。住人は亡くなった町長に代わる新候補を探しているのだが、目ぼしい人材が見つからない。そこに悠々自適な隠居生活を送ろうと元大統領が移り住んだため、こりゃうってつけということで、彼に白羽の矢が立った。まぁ町長程度の仕事なら部下に任せておけばどうにでもなるだろうし、引き受ければちょっとした美談にもなろうということで、元大統領はすっかりその気に。しかし、優しくて人はいいが優柔不断な金物屋の主人公も、交際中の彼女に男っぷりを見せつけようという理由で立候補、二人は対立候補になってしまう。

一見風采の上がらない主人公が庶民の発想をもって元大統領を打ち負かす(あるいは対等に渡り合う)という映画、ではありませんでした。まあそういうシーンもあるにはありますが、それは一箇所だけ。あとのほとんどは主人公の恋人を巡る、主人公と元大統領のしょーもない恋の鞘当でした。大の男が二人、互いに子供じみた当て付けを繰り返すことにほぼ終始する映画なのです。

それでもまだ彼らには納得できるところがありました。大の男とは言っても、女を巡る争いになれば子供じみたことをしてしまうものかもしれません。私がどうにも不快だったのは、主人公の恋人でした。そもそもは彼女が主人公の優柔不断さに苛立ち発破をかけたことが発端であるのに、二人の男の間をのらりくらりとするばかりで、一番ハッキリしないのが彼女の意思だったりするのです。めんどくせー女。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

燃えよ!ピンポン

燃えよ!ピンポン [DVD]

監督:ロバート・ベン・ガラント
2007年 アメリカ

かつては卓球会の神童とうたわれた主人公・ランディであったが、ある試合で敗北を喫して以来、彼の人生はすっかり転落、19年経った今では場末のレストランで卓球芸を披露して日銭を稼ぐ、ブクブク太ったオッサンに成り下がってしまっている。

そんなランディの元にFBI捜査官が訪れ、裏社会で暗躍する世界的な指名手配犯・フェンの逮捕に協力して欲しいと言うではないか。もうこの時点であり得ない話になっているが、そんなことには目をつぶる。なんでもフェンは卓球が大好きで、近く賭け卓球のトーナメント試合を開催するという。そこでランディは、試合に潜入してフェンの尻尾を掴むという大役を任されるのだが、彼の卓球の腕前は鈍っており、地区大会でさえボロ負けする始末。こりゃまずいってんで、FBI捜査官はランディをある卓球道場に弟子入り志願させる。そこには盲目の達人ワンと、美しい姪のマギーがいた――。

この粗筋を読んだだけでも馬鹿馬鹿しいと思うだろうが、映画本編を観るともっと馬鹿馬鹿しい。登場人物は誰一人としてマトモじゃないし、本筋の流れを阻害するかのように細かなギャグが目白押しだ。っつーかギャグを見せたくてこの映画を作ったような気さえする。もう映画としての完成度とか意味とか、そんなことはどうでもいい。それでも私はこの映画が結構好きだったりする。判りやすく例えると、タイトルからも窺えるようにブルース・リーの映画と共通点が多々あり、そこに『少林サッカー』や『ベスト・キッド』のテイストを盛り込んだらこうなっちゃいました、というようなスポ根コメディ映画だ。

主人公を演じるダン・フォグラーという俳優を私は知らなかった。印象としては毒を薄め角を取ったジャック・ブラックという感じで、ブヨブヨな体型もあいまって動物的な可愛らしさがあった。おそらく髭さえ剃れば童顔だろう。フェンを演じるのは名個性派俳優のクリストファー・ウォーケンで、やはり独特な雰囲気を醸し出していたが、この人の場合は異常が普通だから特に目新しくはない。ワン老人を演じるジェームズ・ホンは、どこかで観たと思ったら『ブレードランナー』で眼球を作っていた職人じゃないか。そしてマギーを演じるマギー・Qは、キレイ。アクション面で最も活躍していたのは彼女だった。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

魔法にかけられて

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]

監督:ケヴィン・リマ
2007年 アメリカ

魔女の手によって御伽噺の世界から現実の世界へと追放されたお姫様が巻き起こす大騒動を描いた映画。

一本の映画作品としてではなく、あくまでディズニーの商品として捉えるなら、この完成度の高さは充分と言っていいでしょう。きっちりツボを押さえているのですよ。というより、ツボしか押さえていない。ディズニーならこの場合こんな画を撮るだろう、こんな脚色を施すだろうという想像が、一分の狂いもなく当たるのな。つまり何の意外性も斬新さもないわけだけれど、それがディズニーらしさを求めている人々にとっては、おそらく心地良いのでしょう。毎度期待通りにやってくれるよねディズニーは、ということで。

現実世界というものには、あまりに辛く厳しく汚らしい側面があるわけですが、そこのところを曖昧にしか表現していないため、ファンタジーの世界との対比が今一つ弱く、本来ならこんなところに舞い降りたプリンスやプリンセスは、滑稽で間抜けで悲惨な末路を辿らねばならないはずが、それなりにハッピーエンドを迎えてしまうところに、所詮はディズニー映画だなと、子供たちに夢や希望を与えることで商売している彼らの限界が見えるなと、そんなことを思いました。もしもギリアム監督がディズニーとは無関係にこの物語を映像化することができたら、決してキレイなだけでなく、陰惨でありながら、しかし一筋の希望も感じられる作品になったことでしょう。

とはいえ別にクソな映画であると言いたいのではなく、例えば公園でのミュージカルシーンなんてよくできていましたし、シマリスがジェスチャーによってプリンスに窮状を訴えるシーンも昔のカートゥーンアニメを観ているようで楽しかったし、見所は色々とありました。これでセルフパロディに毒性が感じられれば尚良かったのですが、ディズニーにそこまで求めるのは酷というものでありましょう。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

マインドハンター

マインドハンター [DVD]

監督:レニー・ハーリン
2004年 アメリカ

プロファイラーになるための実地試験に挑むべく、7人のFBI捜査官とオブザーバー役である1人の刑事が無人島に渡る。そこには殺害現場を精巧に模したセットが組まれていた。あくる日、1人の捜査官が何者かに仕組まれた罠により殺害される。逃げ出そうとした7人であったが船は爆破されて為す術がない。さて犯人は誰なのか、そして目的は。

次々と犠牲者が現れる中、残された者は疑心暗鬼になって敵対するわけだけど、「お前が犯人だろ、いやお前か?」というやり取りを延々と続けるだけで、緻密な駆け引きは楽しめない。犯人が明かされても、やっぱりかと思うだけで意外性はない。ただ、犯人が仕掛けた無駄に手の込んでいる罠は面白い。現実味はないけれど。

クリスチャン・スレーターのアレには驚いた。良いのかアレで。良いのでしょう。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

街のあかり

街のあかり [DVD]

監督:アキ・カウリスマキ
2006年 フィンランド、ドイツ、フランス

待ちに待ったカウリスマキ監督の新作でございます。冴えない警備員の青年が、ある女と出会い恋をするものの、女には端から青年を利用しようという目論みがあった、ってお話しです。

完全にカウリスマキのお家芸でした。あの独特な色彩、計算され尽くしたカット、乾いた会話、妙な間、適材適所の音楽、酒、煙草、犬。彼の表現したい事は全て表現されており、一切の無駄が無いという感じ。だから一瞬たりとも目が離せません。無表情な主人公が刑務所の中でだけ笑顔を見せるシーンや、食べかけのソーセージを無残に捨てるシーンなど、一見何気なく描きながらしっかり人物の内面を暴いてしまう名人芸には、より磨きがかかったように感じました。

過去のカウリスマキ作品と違ったのは、ユーモアが少ないところでしょうか。割と冷徹に主人公の堕ちてゆく様を描いていました。まあ最後には一条の光が差して、それまで覆っていた薄暗闇は払拭されますけども。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

もしも昨日が選べたら

もしも昨日が選べたら

監督:フランク・コラチ
2006年 アメリカ

主人公はワーカホリックで家庭の中のことには無関心。テーブルに散乱するいくつものリモコンがそれぞれ何の用途かさえ把握しておらず、テレビをつけようとしてガレージのシャッターを開けてしまったりと、いつもそんな調子。もう面倒だから学習リモコンを買って一台で全てを賄おうと考えた彼はホームセンターへ。するといかにも怪しげな店員が新製品を無料でくれると言うではありませんか。訝しがりつつ貰っちゃった主人公は自宅で早速試してみる。うん、便利だ。まあそれはいいんだが、さっきから飼い犬が吠え立ててうるさいこと甚だしい。まったくオマエはこれでも食らえとほんの戯れに犬に向かってリモコンを差し出し音量を下げると犬の声が無音に。まさかそんなことが。いや、まさかではなく、そのリモコンを使えば、例えば女房の小言を早送りするなど造作もないことだった。素晴らしきかな。人生を思うままに操ることができるようになった主人公はどんどん調子に乗って、あらゆる場面でリモコンを操作し始めるのだがしかし――。

アダム・サンドラーらしいっつーんでしょうか、イヤにならない程度に下ネタを散りばめながら、笑いどころはまあ押さえている感じです。一番笑ったのは、詳しくは書きませんが、ラストのほうの中指突き立てポーズです。この期に及んでまだやるか、という。ストーリーはありがちと言うか、結末までだいたい予想できてしまう程度のものなのですが、私は結構好きです。家族の大切さとか訴えられたらもう迂闊にも泣きそうになってダメだな。歳だな。クリストファー・ウォーケンが不気味で良いです。デヴィッド・ハッセルホフは『ナイトライダー』以来で懐かしかったです。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)