<< 10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス/イデアの森 | main | 80デイズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

笑の大学

笑の大学 スタンダード・エディション

監督:星護
2004年 日本

舞台版は徹底した喜劇だったはずだ。それでも検閲官と作家との間に生まれる絆や、二人が“共同作業”によって最高の本を書き上げた時の達成感が、感動を呼び起こしはしたし、国家の圧力によって書きたい本も書けない暗黒の時代の悲しさや愚かさ、そして怒りが、笑いの向こうに透けて見えた。これ見よがしではなく、上品に。

それがどうだ、この映画版の体たらくは。

くしくも劇中で作家が言っているじゃないか。「私は私のやり方で(つまり笑いで)戦う」と。しかしこの映画は、笑いで戦ってなんかいない。特に終盤は酷いもので、笑いに昇華することを放棄し、メッセージをそのまま垂れ流すことに終始している。笑いというものの強みを、笑いで表現するのではなく、説明してしまっている。この矛盾はいったいなんだ。


わ行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :