<< 秋刀魚の味 | main | ハンテッド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ワン・ツー・スリー

ワン・ツー・スリー

監督:ビリー・ワイルダー
1961年 アメリカ

コカ・コーラ社の西ドイツ支社長である主人公は、アメリカ本社の重役より、「欧州旅行中の娘の面倒を見るように」と仰せつかる。しかしその娘というのが奔放で、よりによってベルリンで知り合った共産党員の青年と電撃的に結婚してしまう。主人公は慌てて二人の仲を引き裂こうと画策するが――。

会話の妙が光るスラップスティック・コメディ。特に速射砲の如く喋り捲るジェームズ・キャグニーは凄まじい。

ただ、ジョークは当時の世界情勢(東西の対立、冷戦)を思い切り反映しているので、ある程度の知識がないと笑いは半減すると思う。少なくとも資本主義と共産主義の基本理念や成り立ちくらいは知っておきたいところ。マルクス・レーニン・スターリン・フルシチョフ・トロツキーと聞いて、何となくでも説明できれば尚良しか。全く何が何だか分からなければ、前半で退屈するかも。

それでも後半に入ってしまえば、知識が無くても勢いだけで何とかいける。多人数が、それこそドタバタと入れ代わり立ち代わりしつつ、最後には全ての伏線(台詞やアイテムだけでなくタイトルさえも)が一点に収束してゆく様に、ワイルダーの真骨頂を観る思い。


わ行 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント

コメントありがとうございます。
>1961年の状況をリアルタイムで描き、笑いに昇華したワイルダー監督は天才です。
そうかもしれません。ワイルダー監督はその時代の情勢や風俗など最先端を取り入れつつも、常に政治や人間の本質といった普遍的な事柄を、時にシリアスながら決して真面目腐ることなく大抵は大いに笑いを散りばめ、あくまで娯楽作品として描ききった稀代のストーリー・テラーだったのだと思います。実に緻密な仕掛けを施す技巧派でもあったのがまた凄いところですね。
カイバ | 2006/08/19 1:48 AM
> ジョークは当時の世界情勢(東西の対立、冷戦)を思い切り反映しているので、ある程度の知識がないと笑いは半減すると思う

まったく賛成です。昨日までの4日連続でNHKでやっていたBBC製作のドラマ「宇宙へ〜冷戦と二人の天才〜」で、アメリカのフォン・ブラウンとソ連のセルゲイ・コロリョフは見ごたえがありました。1961年の状況をリアルタイムで描き、笑いに昇華したワイルダー監督は天才です。
まいじょ | 2006/08/18 11:04 PM








トラックバック

トラックバックURL :