<< モンドヴィーノ | main | イノセンス >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

トータル・リコール

トータル・リコール

監督:ポール・ヴァーホーヴェン
1990年 アメリカ

はっはっはっはっ
本物だと思うかい?
そうだ!

いきなり何をコイツは言っているのだと思われたかもしれませんが別に良いです。

ヴァーホーヴェンの露悪趣味が大好きだ。飛び出る目ん玉に突き出る舌。鼻から取り出されるあり得ない大きさの発信機。どこか邪悪な機械仕掛けのタクシー運転手。社会の下層で喘ぐフリークスたち。いちいち残虐な殺害シーン。「2週間よ」のオバサンなんて作戦としては大失敗で無意味なのに(一応、爆発物が仕掛けられてはいたが)、それでもヴァーホーヴェンは無闇に気色悪く描く。物語としての面白さなんてどうでも良い。いや良くない。物語も充分に面白いのだが、そんなことより強烈な印象を残す数々のシーンがやはり見所で、そこにこそヴァーホーヴェンらしさが表れているのでし。

シュワルツェネガー出演作品で一度は観ておきたいものとして、この映画をあげます。あとは『ターミネーター』と『プレデター』。実は『コマンドー』も割と好きだ。


た行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :