<< ザ・コーポレーション | main | ハイ・ホープス キングス・クロスの人々 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

39-刑法第三十九条-

39-刑法第三十九条-

監督:森田芳光
1999年 日本

夫婦殺傷事件を起こした劇団員・柴田の精神鑑定をする二人の鑑定医。ベテラン鑑定医の藤代はデータから柴田が解離性同一性障害であると診断する。一方、年若の女鑑定医・小川は詐病であると直感的に看破する。藤代の診断が採用されれば柴田は刑法第三十九条によって罪を免れるが、小川は“精神障害が理由で免罪することこそ容疑者の人権を剥奪する行いだ”という持論を基に、柴田に責任能力があることを証明したい。それには証拠となる確たる根拠が必要だ。そこで小川は刑事と共に、柴田という人間の洗い直しを始める――。

サイコ・サスペンスとしてはわりとありがちな展開。容疑者の追想により徐々に明かされる事件の真相に意外性が感じられなかった。精神科医が心理分析に固執するのも相変わらず自己の救済が動機というお決まりのパターン。というように私が思ってしまったのは、一時期その手の本を読み漁っていたからか。まあそれについてはいいです。

致命的につまらなかったのは、メインが精神科医とサイコパス(詐病だけど)という設定のわりに対話の密度が薄く、医者が刑事の真似事をすることに重きが置かれているからだ。対話から人間像を引っ張り出して欲しかったな。『羊たちの沈黙』はその点がスリリングでしたっけ。

ある意味、観て良かったのは役者の演技。巧い、というのではありません。芸達者な役者さんがずらっと出演しているのですが、不自然なほど演出過多というか、デフォルメし過ぎなのです。実際の人間は型通りの喋り方なんてしない、という森田監督の言う事もまあ判るけど、これは映画だから。それもシリアス路線の。台詞回しの異様さで笑わせてどーすんだ。特に樹木希林さんと江守徹さんは凄いです。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :