<< ブラス! | main | ノーマ・レイ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

SPIRIT

SPIRIT<スピリット>

監督:ロニー・ユー
2006年 香港、アメリカ

とにかく負けず嫌いで、武術によって人を叩きのめすことにのみ生き甲斐を感じている、主人公の霍元甲。彼は、その強さゆえに、調子に乗ってしまいます。両親から教わった武道の基本的な心構え――武道は己に打ち克つためのものである――を忘れ、泡沫の栄華に溺れて、ある過ちを犯してしまうのです。そのことが発端で、彼は不幸のどん底に叩き落されるのでした――。

霍元甲は実在した人物で、精武館(のちの上海精武体育会)を創設した武術の達人です。この映画のどこまでが事実なのかは判りませんが、彼が中国武術界の英雄であることは間違いないでしょう。空手界で言えば大山倍達ってところでしょうか。

中国の威信をかけた対外国人異種格闘技戦で、霍元甲が3人の選手をちゃちゃっと倒すところから映画は始まります。そのあと時間は遡り、彼の人生を再検証するという作りです。大きな出来事だけを掻い摘んで紹介した人生のダイジェストといった趣で、深みのある人間ドラマにはお目にかかれませんが、まあ初めからそんなものは期待していませんでした。これは少年漫画みたいなものだと考え、気恥ずかしくなるような真っ直ぐで熱いパッションを感じてみるのもたまには良い、と思って観るのがいいかも。

アクションはまあまあで、いかにもワイヤー使ってます的な動きに違和感を覚えた箇所があったものの、とりあえず量はふんだんだしスピード感もあるし、勢いに押されて飽きずに観ることができました。クライマックスとなる中村獅童さんとの戦いは微妙かな。ジェット・リーをはじめ、本物の武術経験者が多数出演しているなか、特殊映像と吹き替えに頼らざるを得なかった中村さんとの戦いは、どうしても迫力に欠けます。

ジェット・リーは、この作品を最後に武術映画から身を引く、と特典映像のインタビューで語っています。あくまで、武術を前面に押し出した映画はやらないということであって、アクション映画はやらないということではないと思いますが、さてどうなるのでしょうか。


A-Z | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :