<< カポーティ | main | リトル・ミス・サンシャイン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

グッドナイト&グッドラック

グッドナイト&グッドラック 豪華版 [DVD]

監督:ジョージ・クルーニー
2005年 アメリカ

共産党員とそのシンパを失職させるなどして排斥した、いわゆる“赤狩り”が盛んに行なわれていた1950年代のアメリカを舞台に、運動の旗頭であったマッカーシー上院議員を鋭く批判し、ついには不信任に追いやった、ジャーナリストのエド・マローと彼の番組のスタッフを描くドラマ。

自らが標的になることを恐れてマスコミ各社がマッカーシー批判に二の足を踏んでいた中、圧力にもめぜず批判を続けたマローとそのスタッフ。彼らを突き動かしていたのが何なのか、この映画からはよく判りません。ジャーナリストとしての正義なのか、それとももっとシンプルな、自由への渇望なのか。思いたいことを思い言いたいことを言える世の中でなければならない、という。判りませんが、まあとにかく、彼らは本当にしぶとい。スポンサーが降りようと、CBS会長からお目玉を食らおうと、自身が“赤”の烙印を押されそうになろうと、絶対にマッカーシー批判をやめません。更に感心したのは、必ず情報の裏を取り確証を得た上で批判し、相手側からの批判も包み隠さず報道して真っ向勝負を挑むという姿勢。もちろん、「完全に公平な報道は有り得ない」とマローが語るように、例えばテレビ的演出はします。しかし、事実誤認・捏造・歪曲は決してしない。そんなことは当然だけれども、その当然を今のマスコミは出来ているか? 彼らのように骨のあるジャーナリストがいてくれないと、小悪党ばかりが取り沙汰されて、巨悪は優雅にふんぞり返ることになってしまうので、今のマスコミ関係者はもうちょっと頑張れよと言いたいところですが、まあ正直言って、もうあんまし期待していません私は。


か行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :