<< 60th Cannes Film Festival | main | 主人公は僕だった >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

クィーン

クィーン<スペシャルエディション> [DVD]

監督:スティーヴン・フリアーズ
2006年 イギリス、フランス、イタリア

1997年のイギリス。ダイアナ元皇太子妃が交通事故で逝去した。ダイアナは既に王室を去っていたため、エリザベス2世は特にコメントを発表するなどせず、公葬を行なうことも考えていなかった。その薄情に映る態度は、イギリス国民の王室に対する不満を高めることとなり、ついには君主制の存続さえ危ぶまれるようになる。時の首相であるトニー・ブレアは、何らかのアクションが必要であると女王に進言するが、彼女には彼女の思惑があり、なかなか首を縦に振らないのだった――。

マスコミの煽りもあって国民は王室に対する不満を募らせる一方だし、それによって身の危険まで感じるようになったチャールズ皇太子も、労働党出身で近代化推進派のブレア首相率いる政府に同調するし、逆に王太后と王配(女王の夫)からはあくまで慣習を守るよう言われるしで、女王様はもう大変。1000年にも渡り培ってきたイギリス王室の伝統と名誉を守るべく、家族の死を嘆く気持ちはあれど、それを公にすることができずに、ある意味では“憎まれ役”を買って出るしかなかった女王。

物語は実際の映像を交えながらスピーディーに、しかし丁寧に展開してゆきます。気高き女王の葛藤が細やかに描かれていて良かったです。カクシャクとしていて気品と威厳に満ちたヘレン・ミレン演じる女王が、ふっと人間的な弱さや茶目っ気を不自然でない程度に垣間見せる瞬間が良かったなと。

つくづく思ったのは、いろんな意味でダイアナさんの存在はデカかったということ。彼女のもたらした最大の功績は、大衆の価値観を変えたことにあるのかもしれない。

ところで初めて知りましたが、女王は第二次大戦中、自動車の整備工をやっていたそうで。自身の運転する四駆が川で立ち往生した際、プロペラシャフトが曲がってどうとか、ダメになったのはフロントでリアじゃないし四駆だからなんだとか説明していて、ちょっと格好イイです。


か行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :