<< 主人公は僕だった | main | 銀河ヒッチハイク・ガイド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ライフ・アクアティック

ライフ・アクアティック [DVD]

監督:ウェス・アンダーソン
2005年 アメリカ

海洋学者であり記録映画監督でもあるズィスー。幻の巨大魚“ジャガーザメ”にクルーの一人を殺された彼はリベンジのために、また、学会からも映画界からも相手にされていない現状を打破するためもあって、ジャガーザメを追う冒険に出るのであった。って話。

奇妙な海洋生物との出会いや海賊の襲撃など、冒険ものとしての要素もあるけれど、メインは自己中心的な性格の主人公が家族やクルーとの絆を取り戻すところ。

よく言えば静かな笑い、悪く言えば笑えないユーモアが散りばめられています。こういうの一番困るな。それがユーモアだということは判る、が、笑えない、ってのは。ただ、コメディだと思わなければ結構いけます。「蟻の巣を観察しているような」と監督が言っているように、それぞれの船室にいるクルーたちの様子を船の断面から撮影する絵は面白いし、良い意味でチープさを残しつつもやたらと美しい映像には魅力を感じました。不思議で、ちょっと可愛らしくて、ポップな映画でありました。


ら行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :