<< 不法侵入 | main | 太陽 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

黒い十人の女

黒い十人の女

監督:市川崑
1961年 日本

見るからに優男で遊び人のTVプロデューサー・風松吉は、風という名字そのままにフワッフワッフワッフワッしている軽佻浮薄な男で、妻がありながら9人もの愛人と関係しています。ハンサムでお洒落で優雅なのだけど、仕事にも女にもいい加減でだらしがなく、しかし不思議と憎めない茶目っ気も併せ持つ野郎。演じるのは、サスペンスドラマで御馴染みの船越英一郎のお父さん、船越英二です。

女と見れば所構わず口説いてしまう風に業を煮やした9人の愛人たちは、結託して彼を殺そうと考えます。恐怖を感じた風は妻に泣きつき、妻はある作戦を実行するのですが、さて結末やいかに、というのが粗筋です。

コントラストを強調したフイルム・ノワールばりのスタイリッシュな映像が良かったです。黒いコートを着た女達が海辺で風に吹かれて立っているの図なんてかなりカッコイイ。主題は男の性とか女の業とかまあそういうことになるんでしょうけど、口当たりは軽く深刻さはありません。だから余計にラストが不気味に見えたりもしますけど。も。

船越英二演じる風の軽妙洒脱な感じも良いし、女優陣も当時のトップを行っていた人がゴロゴロ出ており、それぞれにキャラが際立っていて楽しいです。それにしても若き日の中村玉緒は可愛いなぁ。


か行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :