<< いのちの食べかた | main | BROTHER >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

アンタッチャブル

アンタッチャブル(通常版) [DVD]

監督:ブライアン・デ・パルマ
1987年 アメリカ

禁酒法の時代に暗躍したマフィアのボス、アル・カポネを摘発すべく、果敢にも立ち上がった財務省調査官とその仲間の物語。

デ・パルマ監督らしいケレン味のある演出が魅力の一品です。大階段のシーンの格好良さなんかはもう今更何をかいわんや、ってなほど語り草ですな。大昔、新春かくし芸大会で芸能人たちがあのシーンのパロディをやっていたのを覚えています。まあそんなことは良いです。

でも一番好きなのはショーン・コネリー演じる警官が死ぬ直前のシーンかな。刺客に襲われ瀕死のコネリーが這いつくばって手を伸ばした先に、彼が大切にしている御守りがある。それをケビン・コスナー演じる調査官が取ってやり、コネリーの手に握らせる。しかしコネリーは投げ捨てて、またも手を伸ばす。彼が欲しかったのは、御守りのもっと先にある捜査資料。今際の際に立っても尚、カポネ逮捕に執念を燃やす男の中の男の図でした。

あと忘れちゃならないのがエンニオ・モリコーネの音楽。素晴らしいです。特にテーマ曲は神の領域。

惨たらしい場面も多いですが、基本的には娯楽映画で、ちょっとしたユーモアや洒落た台詞もあったりします。『ゴッドファーザー』のような重厚感も『グッドフェローズ』のようなクールさもないけれども、すかっとしたい時には良いかもね。


あ行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :