<< ドア・イン・ザ・フロア | main | ボビー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

再会の街で

再会の街で [DVD]

監督:マイク・バインダー
2007年 アメリカ

歯科医のアランと、彼の元ルームメイトだったチャーリーは、街中で数年ぶりに再会する。喜ぶアランであったが、チャーリーはどことなく様子がおかしい。チャーリーは9.11テロで妻と三人の子供を失って以来、心を閉ざしてしまっていたのだ。人を避けるように生きているチャーリーを立ち直らせようと、アランは懸命になるのだが――。

アランの働きかけによって、凍てついた心が氷解してゆくチャーリーを、アダム・サンドラーが好演していた。チャーリーの影響を受けて、渇いた心が潤ってゆくアランを演じたドン・チードルも良かったが、妻と娘と社会的ステータスの高い仕事があり、立派な家と車を持っている彼の苦悩は、いわば贅沢病みたいなもので、シンパシーを感じることはできなかった。まあそれでも、そこそこ面白いバディムービーではあった。

一つ気になったのは、9.11テロの犠牲者を特別視する向きが感じられたことだ。テロに屈しないということは、あたかもテロの影響など受けていないが如く振る舞い、理性的に日常を積み重ねてゆくことだろう。当の犠牲者には無理だとしても、社会までが彼らを特別扱いしてしまったら、それこそテロリストの思う壺ではないのか。


さ行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :