<< 団塊ボーイズ | main | ゾンビーノ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]

監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
2006年 ドイツ

舞台は1984年の旧東ドイツ。国家保安省“シュタージ”の職員である冷徹な主人公が、反体制派の疑いがある作家の監視・盗聴を行なううち、人間性を回復してゆくという物語です。

評判どおり、確かに良い話で、感動的です。サスペンス要素も少しだけあり、終盤の展開には引き込まれ、固唾を呑んで見守りました。だからケチをつけるつもりは毛頭ありませんよ、娯楽映画としては。

何から書こうか。まず、主人公の心変わりが性急に見えます。彼は非人道的な、ほとんど拷問と言って良い方法を用いることも厭わず、反政府分子には徹底的に吐かせるような男です。おそらくこれまで何人もの人間を監獄送りにした、プロ中のプロです。それがたった一人の作家の監視活動で、心変わりなどするものでしょうか。例えば作家とその恋人が固い愛情で結ばれていることを知ったり、自殺した老演出家への餞に作家が魂を込めて演奏したピアノソナタを聴いたりしたとしても。

主人公には元々、そういうものに感応する素養があったのかもしれません。シュタージだろうと、KGBだろうと、ナチス党員でさえ、生来非人間的だったはずはなく、彼らの大半は生真面目に職務を全うしていただけなのでしょうから。ただ、彼らには圧倒的に想像力が欠けていた。主人公にしたって、これまで投獄してきた人間にも愛するモノがいた・あったことを想像できなかった・しなかったから、失職も転職もせずに済んでいたわけです。それが何故この期に及んで急に“目覚めた”のか。

そのきっかけになったこととして、作中で与えられているのは、先に書いたとおり愛と芸術なのだけど、私はどうも、この監督(兼脚本家)はそれらを過大評価しているように思います。確かに愛や芸術は人の価値観を変えかねない力を持っていますが、即効性があるとは思えないんだな。もっと長時間かけて人の心を侵食してゆくものでしょう。まして主人公は、これまで何人ものプライベートな音を聴いてきた、いわば耳年増みたいなものでありながら、それでも冷酷な職務を長年に渡り全うすることのできた、頭ガチガチの中年男です。耐性の無い多感な思春期の少年が、『ライ麦畑でつかまえて』を読んだ翌日に急変するようなことが彼に起こるとは、とても思えないのですヨ。

愛と芸術、そして辿り着くのは感動。結構なことではありませんか。しかし、いかんせん現実味が不足しているのです。せめて主人公の価値観が無数のきっかけによって徐々に変容してゆく過程を、もっとつぶさに、もっと執拗に描いていれば、少しは現実味のあるファンタジーとして観られたかもしれないのに、とても残念です。

ただ一つ、私が救いを感じたのは、堅牢な愛で結ばれていると思われた作家と恋人との間に、無残にもひびが入るところでした。もしもこれがなかったら、この映画は『一杯の掛けそば』になっていたところです。


や行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :