<< リトル・チルドレン | main | 砂の女 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ブラックブック

スマイルBEST ブラックブック [DVD]

監督:ポール・ヴァーホーヴェン
2006年 オランダ、ドイツ、イギリス、ベルギー

家族をナチスに殺害されたユダヤ人の女性歌手が、復讐のためレジスタンスと行動を共にし、諜報活動を行なうべくナチス上級将校に近づいて愛人を演じるも、まあ色々あって……、というようなサスペンス映画でした。

二転三転するストーリー展開が圧倒的に面白いです。私がここ数年間に観た映画の中では上位に入ります。娯楽映画としてもよく出来ている上に、人間のエゴや業、愚かしさといったものも絶妙な配分で描かれています。それもナチスだけを悪と捉えるのではなく、虐げられる側の人間のどす黒い感情までも描くのです。

ヴァーホーヴェン監督にしてはバイオレンス描写がやや大人しい気もしますが、例えば遺体の扱いや、その損傷具合に、特有のグロテスクさが見て取れます。また、やはり彼特有のシニカルなユーモアセンスも随所で見られました。ヒトラーの物真似をしてふざけるレジスタンスの一員が、そのままの格好でリーダーに叱られる場面なんて、シリアスな状況であるはずなのに笑わずにはいられません。盗聴器から漏れ出るヒロインのもがく声が笑い声に聞こえたため、レジスタンスのメンバーが彼女を裏切り者だと思い込むシークェンスにも、ヴァーホーヴェンの底意地の悪さを感じると言いますか、彼のにやけ顔が目に浮かぶようで、やられたと思いました。卑劣で下衆なナチス下級将校に限って音楽的センスを持ち合わせているという設定もまた然り。

時代と男に翻弄される、強さと弱さを併せ持った魅力的なヒロインを、カリス・ファン・ハウテンというオランダの女優が好演していました。綺麗で可愛らしくてセクシーでミステリアスです。あんな女優が繊細かつ豪胆な演技とともに、なかなか上手な歌とあられもない姿態を披露するのですから、日本映画は到底敵わないと思い少々へこみました。ちょうど日本アカデミー賞の授賞式を見たので尚更です。何なんだよ、あのラインナップは。

ナチス下級将校の秘書兼愛人であり、ヒロインとともに雑務を負っていた女が、戦争が終わった途端、イギリス兵と仲良く凱旋パレードに加わっているシーンが印象的でした。最も逞しかったのはヒロインではなく彼女だったのかもしれない。


は行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :