<< 黄金狂時代 | main | ジャンパー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

魔法にかけられて

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]

監督:ケヴィン・リマ
2007年 アメリカ

魔女の手によって御伽噺の世界から現実の世界へと追放されたお姫様が巻き起こす大騒動を描いた映画。

一本の映画作品としてではなく、あくまでディズニーの商品として捉えるなら、この完成度の高さは充分と言っていいでしょう。きっちりツボを押さえているのですよ。というより、ツボしか押さえていない。ディズニーならこの場合こんな画を撮るだろう、こんな脚色を施すだろうという想像が、一分の狂いもなく当たるのな。つまり何の意外性も斬新さもないわけだけれど、それがディズニーらしさを求めている人々にとっては、おそらく心地良いのでしょう。毎度期待通りにやってくれるよねディズニーは、ということで。

現実世界というものには、あまりに辛く厳しく汚らしい側面があるわけですが、そこのところを曖昧にしか表現していないため、ファンタジーの世界との対比が今一つ弱く、本来ならこんなところに舞い降りたプリンスやプリンセスは、滑稽で間抜けで悲惨な末路を辿らねばならないはずが、それなりにハッピーエンドを迎えてしまうところに、所詮はディズニー映画だなと、子供たちに夢や希望を与えることで商売している彼らの限界が見えるなと、そんなことを思いました。もしもギリアム監督がディズニーとは無関係にこの物語を映像化することができたら、決してキレイなだけでなく、陰惨でありながら、しかし一筋の希望も感じられる作品になったことでしょう。

とはいえ別にクソな映画であると言いたいのではなく、例えば公園でのミュージカルシーンなんてよくできていましたし、シマリスがジェスチャーによってプリンスに窮状を訴えるシーンも昔のカートゥーンアニメを観ているようで楽しかったし、見所は色々とありました。これでセルフパロディに毒性が感じられれば尚良かったのですが、ディズニーにそこまで求めるのは酷というものでありましょう。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :