<< スピード・レーサー | main | ドラゴン・キングダム >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ミラクル7号

ミラクル7号 [DVD]

監督:チャウ・シンチー
2008年 香港

シンチー版『E.T.』といったところでしょうか。

息子には最高の教育を与えたいという思いから、貧しい肉体労働者である父親は無理して息子を名門進学校に通わせています。しかし金持ちばかりの名門校にあって、見るからに貧乏臭い息子はイジメの対象に。ある日、息子の為に靴を新調しようとゴミ捨て場に向かった父親は、そこでボール状の物体を見つけ、土産として持ち帰ります。あまり興味を示さない息子でしたが、なんとそのボール状の物体は突起物を生やし、犬のような生き物に変化したではありませんか。くしくも意地悪な同級生から犬型ロボット“ミラクル1号”を自慢されたばかりだった息子は、その生き物に“ミラクル7号”こと“ナナちゃん”と名付け、学校に連れてゆくのですが……。

親子の絆、息子とナナちゃんの間に芽生える友情、息子と同級生達との和解など、感動的な要素は詰まっているのですが、どれも予定調和でした。およそ不必要な脱線部分が多いのは、シンチーならではの持ち味でしょう。急にカンフー映画になったかと思えば、無駄にグロテスクだったり、そういう遊びの部分はなかなか面白かったですし、そこを面白がれなければ他には何も無い映画です。父性の喪失という裏テーマが感じられた『E.T.』のような深みはありません。ナナちゃんのデザインはいかにも中国っぽく、日本人の感性に合うか疑問です。中国土産の財布がちょうどあんな感じの色味だったな。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :