<< スターシップ・トゥルーパーズ3 | main | ショーン・オブ・ザ・デッド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]

監督:エドガー・ライト
2007年 イギリス、フランス

ロンドン警察署に勤務する主人公は、その優秀さが仇となり、目障りだという理由で田舎の小さな村に左遷される。彼がそこで出会ったのは、未成年者が酒場でたむろしていても注意すらしないような、事なかれ主義で無責任な警官達だった。ある日、村で殺人事件が起きる。しかし署長も同僚も、それは事故であるとし、事件性が高いという主人公の言い分は却下され、事件が連続殺人の様相を帯びてもなお、一向に捜査は行なわれない。やる気を失いかけた主人公であったが、事件の背後に潜む陰謀に彼は気付き始める――。

いかにもイギリス風味のユーモアと、ありとあらゆる映画のパロディと、けれんみ溢れるアクションが満載のバディ・ムービーで、かなりの良作でした。いやもう本当に、少なくとも今年公開された映画の中では間違いなくトップクラスの良作です。タランティーノや三池崇史の作風が好きな人ならたぶんイケマス。とにかく映画が好きでしょうがない人達が愛情たっぷりに作った作品という感じです。やってることはいちいち馬鹿なのですが、不思議なことに主人公と相棒がカッコ良く思えてきてたり、不覚にも少々の感動を覚えたりもしました。でもやっぱり馬鹿で、お涙頂戴には決して陥りません。

己の信念にのみ基づいて行動する融通の利かない男が単身で巨悪に挑み暴れまわるというプロットは、さしずめ『ウォーキング・トール』や『ダブルボーダー』といったところでしょうか。まあ巨悪といってもこの映画の場合、小さな村の出来事なのでたかが知れているのですが、閉鎖的な村社会に巣食う病理の気持ち悪さはよく出ていました。他にも『ダーティハリー』、『デスペラード』、『リーサル・ウェポン』を想起させる場面があったり、『ハートブルー』に至っては劇中に本編の一部を挿入した上に同じシーンを再現してしまうという徹底したふざけぶり。映画(特にB級以下)を知り抜いている人に解説をお願いすれば、おそらく山ほどの引用が見つかることと思います。

一つ気をつけた方が良いのは、グロテスクなシーンや残虐なシーンがいくつか含まれる点でしょうか。そっち方面が苦手な人は注意が必要かもしれません。ちなみに日本でのレイティングはR-15です。


は行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :