<< ショーン・オブ・ザ・デッド | main | アクロス・ザ・ユニバース >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

ブラック・スネーク・モーン

ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション

監督:クレイグ・ブリュワー
2006年 アメリカ

アメリカ南部の田舎町。妻に浮気された元ブルーズマンの中年男、ラザラスは、敬虔なクリスチャンということもあって不貞を許せず、妻は去って行った。ある日、ラザラスは怪我を負って道端で意識を失っている若い女を見つけ、家に連れ帰り看病する。女のうわ言をヒントに町で情報収集をしたところ、彼女の名前はレイといい、恋人がありながら男と見れば誰とでも、所構わず股を開いてしまうセックス依存症であるという。レイの中に妻と同じ“悪魔”を見たラザラスは、彼女の身体に鎖を巻き付けて監禁し、更生させようと試みる――。

説明文とジャケットだけ見ると、少し猟奇的なB級エロティック・サスペンスのようですが、違います。痩せっぽちで生っちろい半裸のクリスティーナ・リッチに、白髪混じりのひげを蓄えた身なりの汚いサミュエル・L・ジャクソンが鎖を巻き付けて、「お前の中の悪魔を俺が追い出してやる!」と叫んだりしますが(むしろ狂っているのはオマエの方だろう)、ラザラスやその仲間との交流によってレイが“やまい”を克服してゆく過程を描いた、断じて真面目な、ちょっと心温まるヒューマンドラマです。

過去に受けたトラウマが呪縛となって自らを傷つけてしまうレイの病状は深刻なのだけれど、アメリカ南部ののどかでゆったりとした雰囲気と、バックで流れ続けるブルーズの効果もあって、シリアスながらそう重苦しくはありません。おそらくレイほど深刻な依存症を抱えていたら、例えば薬物依存症患者のためのダルクのようなところに入るなどして、長期的な構えで問題と向き合う必要があるはずで、そういう意味ではリアリティに欠ける物語ですが、しかしラストは、一応希望を見出せる終わり方ではあるものの、根治が容易ではないこと、彼女と恋人のこれからが前途多難であることを示しており、絵空事というほど現実離れしているわけではなかったので、そこは良かったと思います。


は行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :