<< ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 | main | フリーダム・ライターズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

麦の穂をゆらす風

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

監督:ケン・ローチ
2006年 イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、スペイン

1920年のアイルランドが舞台。イギリスからの独立を目指して共に戦う兄弟の半生を軸に、講和条約締結によって内紛が起きるまでを描いた社会派ドラマです。

真面目というか手堅いというか、直球勝負で遊びがない映画です。そのぶんダイナミズムには欠けるけれど、長きに渡って迫害され続けたアイルランドの歴史の一端が興味深くはありました。イギリス軍の蛮行があまりに悪辣であるため、一瞬、イギリスが悪でアイルランドが善という単純な二極化に陥りそうになったところで、主人公が裏切り者の同胞(まだ子供と言ってもいい年齢)を銃殺してしまいびっくり。こちらの安易さを見透かされ、思い切り冷や水を浴びせられたようでした。

イギリスとアイルランドの間で締結された講和条約は、真の意味でアイルランドの独立を謳ったものではなかったわけですね。あくまでイギリス領であることを前提に、ま少しは自治権を認めてやろうじゃないかという代物。だもんだから主人公達は、とりあえずこれでいいじゃん派と、これじゃ意味なくね?派に分かれ、やがて内紛へと発展してしまう。両者が議論を交わすシーンがあるんですが、どちらの言い分ももっともなのです。それぞれが大儀をかかえ、大儀を全うしようと、多大な犠牲を払いつつ戦い続けるんですな。そして主人公は、「こんなことまでして意味があるのか?」と呟きます。じゃあどうすりゃ良いのよと重い気分で考えてみるも、私に答えが出せるはずもなく。

イギリスがアイルランドを支配するに至ったそもそもの発端は12世紀、ローマ法王が時のイギリス王・ヘンリー2世にアイルランドの領有を認めたことから始まったようです。その後、植民地支配が激化する背景にはプロテスタントによるカトリックの弾圧があったらしく、まあ要するに宗教問題を切り離しては考えられないわけですが、全く宗教ってやつは、いつの時代も戦いの火種を作る厄介ものでございます。神さえいなけりゃ世の中もう少し平和だったのではないか。つかもうここまで来ると、ヒトという戦争が大好きな生き物は、戦争を正当化するための大儀として神を作ったのではあるまいかとさえ思えてきます。


ま行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :