<< 麦の穂をゆらす風 | main | クワイエットルームにようこそ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

フリーダム・ライターズ

フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
2007年 アメリカ

主演のヒラリー・スワンクが製作総指揮までしているということで、かなり気合入ってるんだろうなと思いつつ観てみたのですが、それにしちゃあ随分な映画を作っちゃったな。

原作はベストセラーにもなった実話で、ギャング・銃・貧困・虐待と、アメリカが抱える問題をこれでもかと詰め込んだようなとある街の荒廃した高校を舞台に、新米女教師の奮闘によって生徒達が人生に希望を見出してゆく姿を描いた映画です。

で、何が随分な映画なのかというと、事実を追うことに躍起になっているところ。何しろ数十人の生徒それぞれが問題を抱えていて、それを二年かけて更生させてゆく物語だから、2時間の映画で全てを描けるはずもなく、当然ながら端折ることになるわけですが、どこを描いてどこを描かないかという取捨選択が下手なのです。熱血教師と生徒に話しを絞ればいいものを、教師の夫だの親だの、余計な情報を入れすぎ。

百歩譲って、プライベートな部分も描くことで教師の人間性を炙り出したかったというならば、なぜ彼女が仕事に熱中しすぎるあまり夫と擦れ違って離婚するというプロとしては失格と言っても良いほどののめりこみ方、愚かなまでの情熱を持つに至ったのか、そこをきちんと描いてくれないと、彼女の人間性なんてさっぱり判りません。なのに彼女の暴走ぶりだけを見せられても、「この人いったい何にとり憑かれているの?」と疑問ばかりが頭をよぎります。

以前、『奇跡体験!アンビリバボー』というテレビ番組で、やはり原作に基づいてこの出来事を紹介していたのを観ましたが、その方がよほど無駄なく、面白かったですよ。卒業後の生徒達の近況にも触れていましたし。実はそこが重要で、卒業してもやっぱり現実は厳しくて元の木阿弥でしたってんじゃあ意味がないのであって、この映画も無駄を詰め込むならば生徒のその後こそ描くべきだろうに、と私は思いました。


は行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :