<< 自虐の詩 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -

4分間のピアニスト

4分間のピアニスト

監督:クリス・クラウス
2006年 ドイツ

またピアニストかよ。海の上とか戦場とか、至るところピアニストだらけだナ。どうせまたあれだろ、お高くとまって文芸の香りも高く、最後は深い余韻と共に涙を誘おうって寸法だろ。そうはいくかい。

などとどうでもいいことを考えながら見始めると、これがとんでもなかった。いや、良い意味で。

刑務所でピアノ教室の講師をしている老女と、彼女に才能を買われた若い女囚との物語です。老女は古式ゆかしく格調の高いものを好む頑迷で無口な人。女囚は男の看守をボコボコにしてしまうような跳ねっ返りで自暴自棄の塊だがピアノの才能だけはピカ一。そんな二人が衝突しながら、おまけに刑務官や他の囚人たちの陰湿な嫌がらせにも耐えながら、ともにコンテストでの優勝を目指してレッスンに励す姿を、ダイアログや回想シーンで二人の過去を小出しに暴きつつ描きます。

で、よくある映画だと、反発しあう二人が徐々に互いを認め合いハッピーエンドとあいなるわけですが、この映画は少し違いました。なにしろ二人は過去の重すぎる出来事が発端となって、完全に閉じた自分の世界で生きるようになった人達なので、そう簡単に相容れることはありません。愛を失う恐怖から立ち直れない臆病な老女と、魂をストレートにぶつけることしかできない女囚は、延々とボタンのかけ違いをして、なっかなか互いを許容しないのです。まあそれでもラストはそれなりに歩み寄りがあるのだけど、それもほんの少し、やっと兆候が見え始めたというくらい。間違っても握手して終わりなんてことはしません。安易な共感など唾棄すべきものだとでも言わんばかりの、堅固なまでの自我の対立。これがそこらの生温い映画とは違って、この映画を一筋縄では行かない、ハードな感触のある作品にしていると感じます。

最大の見せ場は、やはりラストの4分間。それまでの約2時間は、この大爆発に収束するための長い前フリだったのだ、このシークェンスのために、これまで抑えて抑えて圧力を上げていたのだ、と納得できました。


0-9 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | - | -

コメント









トラックバック

トラックバックURL :